DVD鑑賞日記 -Droit au but-
日々観賞したDVDの感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の中心で、愛をさけぶ 【★★★☆☆】
世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション
東宝 (2004/12/23)
売り上げランキング: 2,399
おすすめ度の平均: 3.53
5 卒業生達に捧ぐ 一瞬が永遠にも思えた時間
5 映画版の方が好きです
4 切ないファントムペイン

<あらすじ>
ある日、朔太郎の婚約者・律子が謎の失跡を遂げた。律子の行き先が四国だと知った朔太郎はすぐに後を追うが、そこは初恋の相手・アキとの思い出が眠る場所でもあった。朔太郎とアキの初恋は甘く淡いものだったが、あるときアキが不治の病であることが発覚し、2人の恋は急転。そして現在、思い出の迷宮をさまよう朔太郎と律子は、隠されていた真実を手繰り寄せる。そして、これまで伝えられることのなかったアキの最期のメッセージが、十数年の時間を超えて朔太郎のもとへ届き…。


<感想>
言わずとしれた?セカチューです。社会現象になって、えらく純愛ブームが訪れました。私はそのブームについていくことができず、DVDを借りて見る羽目になりました。


朔太郎とアキの歩んだ青春時代はなんだか懐かしい、古き良き日本って感じが出ていてとてもよかったです。行定勲監督の腕の見せ所といった感じでしょうか。森山未來と長澤まさみの好演も光っていました。


うんうん、純愛バンザイ!という感じでしたが、良かったのは青春時代だけだったような気がします・・・。ずっとアキを忘れられず引きずっている朔太郎。初恋の人の死を忘れられないのはわかるが、引きずり過ぎだろう。しかも引きずったまま律子と婚約。一体朔太郎にとって律子はどういった存在だったんでしょうか?律子を追いかけていった先の四国で思い出すのはアキのことばかり。大人になった朔太郎のメソメソ振りには少し引きました・・・。


ラストではオーストラリアで立ち直り始めた朔太郎がアキの骨を巻きます。これで、朔太郎の時間が動き始める。というような今後の展望を覗かせますが、世界の中心で、愛を叫んではいません。



<関連>
「世界の中心で、愛をさけぶ」 朔太郎とアキの記憶の扉

世界の中心で、愛をさけぶ

ソウ SAW 【★★★★☆】
SAW ソウ DTSエディション
角川エンタテインメント (2005/03/11)
売り上げランキング: 2,547
おすすめ度の平均: 3.84
4 忍び寄る死の恐怖、次々と明らかになる真実、衝撃のラストを見よ!
5 この手の映画は・・・・・と思っていましたが!
3 期待しすぎたのかも・・・

<あらすじ>
老朽化した、 白く広いバスルーム。そこで目覚めたアダムとゴードンは、 2人とも片足を鎖に繋がれていた。そして2人の間に転がる血だらけの死体。状況を飲み込めない彼らが"再生せよ"と書かれたテープを再生すると、『生き残りたければ、 6時間以内に相手を殺せ』と告げる声が聞こえ…。


<感想>

細かいツッコミ所は多々あるものの、良く出来た作品だと思いました。いきなり老朽化したバスルームに監禁されているところから始まり、どんどん突き進むストーリー。「CUBE」のように最初は何がなんだかわかりませんでしたが。ところどころに犯人を推理できるように伏線がはられていて、感心してしまいました。


観終わったあとにも考えさせられる、というかあれこれ勝手に想像したくなりました。こういう謎解き要素が多い映画はなんか構えて観てしまうんですが、あんまり考えないで観たほうがもっとおもしろく観れたんじゃないかと少し後悔してしまいましたね。


ソウ2が公開されるそうです。是非観てみたいですね。

<関連>
ソウ―SAW

シザーハンズ 【★★★★☆】
シザーハンズ〈特別編〉
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2005/07/07)
売り上げランキング: 617
おすすめ度の平均: 5
5 ティム・バートンの最高傑作といったらこれでしょう

<あらすじ>
丘の上の広い屋敷に年老いた発明家が住んでいた。彼はたった一人で人造人間エドワードを創っていたが閑静間近に急死してしまう。エドワードはハサミの手のままで取り残されてしまった。親切なセールスの女性が彼を見つけ、気の毒に思い自宅へ連れて行った。こうしてエドワードと普通の人たちとの生活が始まる。


<感想>
純真無垢な天使の心を持つエドワード、しかしハサミの手では触れるものを傷つけてしまう。ストーリーもさることながら、音楽に感動してしまいました。なんというかやさしくも、切ない感じがして胸にきました。


ティム・バートンとジョニー・デップは”チャーリーとチョコレート工場”でもコンビを組んでいます。ジョニー・デップはこの作品でもそうですけど、ティム・バートンと組むときはおかしなキャラクターばかりですね。


<関連>


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

MOT

Author:MOT
FC2ブログへようこそ!



フリーエリア



Amazon.co.jp のロゴ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



バックナンバー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



広告


DVDレンタルするなら!
バナー 10000028

スカパーで映画を観る!
映画(小)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。