DVD鑑賞日記 -Droit au but-
日々観賞したDVDの感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクール・オブ・ロック
スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション
DVD:スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション
監督:リチャード・リンクレイター
出演:ジャック・ブラック/ジョン・キューザック/マイク・ホワイト/サラ・シルバーマン/ミランダ・コスグローブ
製作:2003年 アメリカ
販売:パラマウントホームエンタテインメント
評価:★★★★★(特典含)


<あらすじ>
ロックスターを夢見るギタリストのデューイは、自分がリーダーを努めていたバンドから解雇され、家賃滞納でアパートからも追放宣告を受けてしまう。思案の挙句、 デューイは学校の代用教員をしているルームメイトになりすまし、バイトがてら名門小学校へ乗り込むことにした。やがて5年生の臨時担任になったデューイは
自分をクビにした仲間を見返すため、生徒たちとバンドを組んでロック・フェスで優勝し、名誉と賞金を手に入れる計画を立てる。デューイたちは鬼校長の目を盗みつつ、防音した教室で練習を続け、バンド・バトル出場を目指すのだが…。

<感想>
完全ロックです。なぜか私は聖飢魔IIを思い描きました…。まぁ”キッス”とかロックといえばああいう感じがという偏ったイメージがあったんでしょうね(笑)。

バンドを首になったデューイは親友のネットになりすまし、家賃を払うために補充教員になる。このやりとりはおもしろい、ジャック・ブラックがはじけているんでもしかして全部アドリブでやっているんじゃないかと思ってしまうくらいです(コメンタリーでそうでないことを明かしていますが…あたりまえか)。

それにしても、学校でロック一辺倒の授業をやるのは笑えます。本当にこんな授業してたらそれこそ問題ですが、2-3週なら楽しくていいかなぁ。なんておもえるほど楽しそうです。主演の子役達は演奏ありきで選ばれているそうなので、演技はあまりうまいとは言えませんが、そこもまた良かったかなぁ(ちゃんと演技できる子役も回りにいるからバランスがとれてる気がする)。

バンド・バトルまで最後の最後までロックしてます。なんと映画の終わり、クレジットが流れている場面でもそれが続いているのがまた笑える。ジャック・ブラックは最後まで飛ばしてて、飽きさせません!

ちなみに、特典のオーディオコメンタリーも良かったです。監督や出演者、スタッフがコメントするのは普通ですけど。異色なのは子供達もこれをやっていること(大人数で)!休み時間の戯言みたいでおもしろかった。

<関連>
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://dvd500diary.blog23.fc2.com/tb.php/58-30f4e539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

MOT

Author:MOT
FC2ブログへようこそ!



フリーエリア



Amazon.co.jp のロゴ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



バックナンバー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



広告


DVDレンタルするなら!
バナー 10000028

スカパーで映画を観る!
映画(小)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。