DVD鑑賞日記 -Droit au but-
日々観賞したDVDの感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくは怖くない
ぼくは怖くない
DVD:ぼくは怖くない
監督:ガブリエーレ・サルヴァトーレス
出演:ジュゼッペ・クリスティアーノ/マッティーア・ディ・ピエッロ
製作:2003年 イタリア
販売:パンド
評価:★★★★☆


<あらすじ>
1978年の夏。イタリア南部にある、 たった5軒しかない小さな村で育った少年・ミケーレは、 黄金色に輝く麦畑を自転車で駆け抜けていた。仲間達と村はずれにある廃屋に辿りつき、 探検を開始したミケーレは、 そこで奇妙な穴を発見する。中を覗き込むと少年が1人、 鎖で繋がれていた。驚きと恐怖のあまり誰にも言い出せないミケーレだったが、 少年のことが気になり、 たびたび穴を訪れるようになる。そして少年と心を通わせるようになった頃、 両親も含めた村の大人達と少年の間にある恐ろしい秘密を知り始める…。

<感想>
黄金に輝く麦畑、とても美しく吸い込まれそう!
小さな村でミケーレでスクスク育つミケーレはまさに自然児。

そんな自然児のミケーレは奇妙な穴で薄汚れた毛布にくるまった少年を発見!

何故こんなところに人間が…。
あまりの恐怖に他の人間には言えなかったミケーレ、当然のことだろう。

しかし、彼のことを気にかけて行くうち彼の間には友情が芽生えていくのだった。
なんだか、ここまではほのぼのした雰囲気。

だが、秘密がバレるとそうはいかなかった!
ミケーレは子供だった!

おもちゃが欲しさに秘密をバラしちゃったり
車の運転のため友人裏切り…

なんというか子供ならではの「行き当たりばったり」感で事態は変わり始める。
まぁ、子供ってこういうものですよねぇ。

穴に監禁された少年、村の大人達は「彼」のことを秘密にしたがり、ミケーレも彼に会うことを禁じられる。結局、大人達がなぜこんな事をしたかという根本的な理由みたいなものはわからない、ミケーレの視点で描かれているので、そんなことしったこっちゃないということなんでしょうけど少し気になる。

一見美しくのどかな村なのにまさかこんな裏があったとは…
驚きです!ミケーレのような純真無垢な子供が大人の世界での悲劇のきっかけとなる。
これがこの映画のハイライトなんでしょうかな。

あんなに美しい風景、しかしその裏には孤立、貧困があって…
ラストはなんともやり切れない。

<関連>
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://dvd500diary.blog23.fc2.com/tb.php/54-c1e66b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

MOT

Author:MOT
FC2ブログへようこそ!



フリーエリア



Amazon.co.jp のロゴ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



バックナンバー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



広告


DVDレンタルするなら!
バナー 10000028

スカパーで映画を観る!
映画(小)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。