DVD鑑賞日記 -Droit au but-
日々観賞したDVDの感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアリズムの宿
DVD:リアリズムの宿
監督:山下敦弘
出演:長塚圭史/山本浩司/尾野真千子/山本剛史
製作:2003年 日本
販売:バップ
評価:★★★★☆


<あらすじ>
インディ映画の脚本家の坪井(長塚圭史)と監督の木下(山本浩司)はほとんど面識はないが、ひなびた温泉街を旅行することになった。気まずさを抱えたまま旅を続ける二人の前に、不思議な女が現れる。

<感想>
最初あんまり期待しないで観たんですけど意外におもしろかったです。
なんというかシュールで絶妙の間、大笑いするほどではないんですけど、クスッと笑ってしまう…。そういうことってあるよなぁと共感できるところも結構あります。(これがリアリズムの由来なんでしょうか)
淡々とおかしい、そんな作品です。

大体設定から変です。童貞キャラの木下、宿亭主の外国人などちょっと他の映画ではお目にかかれないような人々がでてきます。終始ゆる~い感じで流れていくのでこういった特殊なキャラも違和感無く受け入れることができるのかな。

観たあとに特別どうこうって感じではないんだけど、こういうのもいいかなって思える映画でした。

<関連>
リアリズムの宿―つげ義春「旅」作品集
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://dvd500diary.blog23.fc2.com/tb.php/47-6f3a65f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

MOT

Author:MOT
FC2ブログへようこそ!



フリーエリア



Amazon.co.jp のロゴ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



バックナンバー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



広告


DVDレンタルするなら!
バナー 10000028

スカパーで映画を観る!
映画(小)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。