DVD鑑賞日記 -Droit au but-
日々観賞したDVDの感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロスト・イン・トランスレーション
ロスト・イン・トランスレーション
DVD:ロスト・イン・トランスレーション
監督:ソフィア・コッポラ
出演:ビル・マーレー/スカーレット・ヨハンソン
製作:2003年 アメリカ
販売:東北新社
評価:★★☆☆☆


<あらすじ>
ハリウッドのスター、ボブ・ハリス(ビル・マーレイ)はウイスキーのCM撮影のために来日し、滞在先のホテルへと向かっていた。ホテルで出迎える日本人スタッフに軽く挨拶をし部屋に入るとアメリカの妻からファックスが入る……。

<感想>
外国人から観た東京という視点はおもしろいと思います。ゆったりと時間の流れる映画でそうした雰囲気で東京が舞台というのもおもしろかった。でも、日本人からすると少しムカッとくるシーンもあります。私も少々ムカッときました。

見せ方はいいんですけど、ストーリーはあんまりしっくりきませんでした。異国の地で自分の居場所が見つけられず、 不安を感じていた二人が互いの存在をよりどころにしていくっていうのはね…。なんかキズの舐め合いみたいであんまり好きじゃないかな(しかも不倫…。)

東京なんてあんまり行ったことないし、そんなに思い入れのない私にとってはイマイチわかりませんでした。田舎暮しの私は東京はある意味外国と思ってますんで、長く滞在することになったらこの映画のように疎外感や空虚感みたいなものを感じるんでしょうか。

<関連>
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
こんばんは
自分はちょっとほめすぎというか、変に気に入ってしまいました。ハリウッド大作と呼ばれるようなアクションとかファンタジー系とかが多かったからかもしれません。また、スカーレットもかわいいし(笑)
日本の文化的な説明やセリフが全くないのも良かったのかも。映画に出てくるイメージしか知らない人がコレを観た時、きっと2人の様な「?」を味わったと思うのですが…
【2005/11/04 01:07】 URL | 八ちゃん #aXvzjISo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://dvd500diary.blog23.fc2.com/tb.php/46-94edbf57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロスト イン トランスレーション

ビル・マーレー扮する映画俳優とスカーレット・ヨハンソン扮するカメラマンの妻とのふれあいを描いたドラマだ。そう言ってしまえばそれまでなのだが、なんかドキュメンタリーのように、淡々と話が進んでいく。抑揚がなく、ドンパチ好きには退屈な映画だ。クライマックスで.. 八ちゃんの日常空間【2005/11/04 01:04】

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

MOT

Author:MOT
FC2ブログへようこそ!



フリーエリア



Amazon.co.jp のロゴ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



バックナンバー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



広告


DVDレンタルするなら!
バナー 10000028

スカパーで映画を観る!
映画(小)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。