DVD鑑賞日記 -Droit au but-
日々観賞したDVDの感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペイ・フォワード 【★★☆☆☆】
ペイ・フォワード
ペイ・フォワード
posted with amazlet on 05.10.18
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/04/22)
売り上げランキング: 10,359
おすすめ度の平均: 4.38
5 本田健さんが。
5 いい映画です。
5 この映画の主旨はその表現方法がどうとかこうとかではない!

<あらすじ>
中学1年生のトレヴァー(ハーレイ・ジョエル・オスメント)は、アル中の父(ジョン・ボン・ジョヴィ)が家出をしているためバーで働き同じくアル中になっている母アーリーン(ヘレン・ハント)と2人暮らし。ある日、社会の授業でシモネット先生(ケヴィン・スペイシー)が出した“自分の手で世界を変える方法"の課題に対し、トレヴァーは“ペイ・フォワード"計画を思いつく。

<感想>
ケヴィン・スペイシーの先生役いですねぇ~。シモネット先生が社会科の授業で「もし、君達が世界を変えたいと思ったら何をする?」と質問するのも凄いですが、「1人の人間が3人の人間に親切をし、さらにそれぞれ親切を受けた者が3人に親切をしていく」というアイディアを思いつくトレヴァー少年も凄い!
マルチ商法っぽいアイディアなんですけど、こういうことをみんな考えられれば素晴らしいですね。

トレヴァーはその親切を自分の母と独身のシモネット先生にしようとします。顔と体に大きな火傷を負っているシモネット先生は中々心を開きませんが、2人はやがて結ばれます。うーん素敵ですネェ。トレヴァー少年は子供とは思えませんな!

しかしです!ラストはちょーと腑に落ちません・・・。トレヴァーは、いじめられていた友人を助けようとして、いじめっ子に刺されて死んでしまいます。なんか凄く悲しくなってしまいます、途中まで御伽噺のような話だったんですけどね。グリーンマイルみたいに少年は神からの使いという扱いだったんでしょうか・・・。

良い映画だとは思うんですけどね。

<関連>
ペイ・フォワード―「可能の王国」
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://dvd500diary.blog23.fc2.com/tb.php/36-f32428e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

MOT

Author:MOT
FC2ブログへようこそ!



フリーエリア



Amazon.co.jp のロゴ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



バックナンバー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



広告


DVDレンタルするなら!
バナー 10000028

スカパーで映画を観る!
映画(小)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。