DVD鑑賞日記 -Droit au but-
日々観賞したDVDの感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイガール 【★★★★☆】
マイ・ガール
マイ・ガール
posted with amazlet on 05.10.12
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2005/06/22)
売り上げランキング: 10,035
おすすめ度の平均: 4
4 辛くも温かい映画

<あらすじ>
11歳の多感な少女ヴェーダ(アンナ・クラムスキー)は、葬儀屋を営む男やもめの父親ハリー(ダン・エイクロイド)と祖母の3人で暮らしている。ある日家に若い女性シェリー(ジェイミー・リー・カーティス)がやってきて、死体のメークアップ係として雇われることになる。次第にハリーと親しさを増していくシェリーにヴェーダは不安を感じるようになるが、そんな時彼女の心の支えになってくれたのが幼なじみの少年トーマス(マコーレー・カルキン)だった。

<感想>
ヴェーダのかわいらしさ(ちょっと我侭)、トーマスの大きな愛情(小学生だよね!)前半は観ていてとても微笑ましい映画でした。

こうやってみるとマコーレー・カルキンはとても良い子役だったんだなぁ、と再確認することができます。現在でも沢山子役っているけど、彼もそうとう素晴らしい子役だったと思いますよ。

物語も後半に進むとトーマスに不幸が訪れてとても楽しい気分では観れませんが(本当に悲劇です)。
小さいながら色々な経験をし、成長してゆくヴェーダみると少し悲しいけど温かい気持ちで観終えることができました。

ちなみに、テンプテーションズが唄う「マイ・ガール」がとても良いです。少し泣きそうになりました・・・。

<関連>
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://dvd500diary.blog23.fc2.com/tb.php/28-0a78e166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

#057 アナフィラキシーショック

《シャークバイト》第十八回 『マイガール』 あらすじ ペンシルバニアの田舎町に住む少女ベーダ(アンナ・クラムスキー)は、葬儀屋の娘。ママは彼女が生まれたときに天国に行ってしまい、 今は父親とおばあちゃんと一緒に暮らしている。父親の仕事のことでクラスメートにか 鮫の生活【2005/10/21 19:13】

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

MOT

Author:MOT
FC2ブログへようこそ!



フリーエリア



Amazon.co.jp のロゴ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



バックナンバー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



広告


DVDレンタルするなら!
バナー 10000028

スカパーで映画を観る!
映画(小)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。