DVD鑑賞日記 -Droit au but-
日々観賞したDVDの感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄泉がえり 【★★★☆☆】
黄泉がえり スタンダード・エディション
東宝 (2005/10/28)
売り上げランキング: 1,922

<あらすじ>
九州の阿蘇地方のとある地域で、死者が当時のままの姿で蘇る(黄泉がえる)という現象が多発します。まるで何事もなかったかのように黄泉がえってきた、最愛の夫、恋人、兄弟、はたまたいじめを苦にして自殺した高校生。彼らを目の前にして喜ぶ家族、そして戸惑う周囲の人々。
彼らは一体、何故、どうやって戻ってきたのか!?厚生労働省に勤務する、川田平太は自分の故郷で起こったこの不思議な現象の調査に乗り出します。


<感想>
この前テレビでやってたのでみました。死者が数千人規模で黄泉がえってくる現象という点はとてもおもしろいと思いました。また、人々の死者を想う純粋な気持ちと素直に受け入れられない気持ちがよく描かれていると感じました。平太と葵のむくわれない恋も最後にフォローしてあったので納得できました。


ただ、引っかかる点も結構ありました。平太の親友、俊介がラストでも黄泉がえらないということは誰からも強く思われていないということで・・・。なんだか切なくなりました。
また、黄泉がえり現象の謎も腑に落ちません。人間には感じられない重力異常が原因っぽいことを言っていましたが、全然説明になっていませんし、クレーターからの信号も私には正弦波にしか見えませんでした。


ファンタジー作品なのですから、下手な科学的説明をするのならば、いっそ説明されないほうが気にならずに見れる気がしました。私は原作を読んでいませんが、原作ではこういうところがしっかり書かれているんでしょうか。

<関連>
黄泉がえり
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://dvd500diary.blog23.fc2.com/tb.php/13-b4ed4b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

MOT

Author:MOT
FC2ブログへようこそ!



フリーエリア



Amazon.co.jp のロゴ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



バックナンバー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



広告


DVDレンタルするなら!
バナー 10000028

スカパーで映画を観る!
映画(小)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。