DVD鑑賞日記 -Droit au but-
日々観賞したDVDの感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくは怖くない
ぼくは怖くない
DVD:ぼくは怖くない
監督:ガブリエーレ・サルヴァトーレス
出演:ジュゼッペ・クリスティアーノ/マッティーア・ディ・ピエッロ
製作:2003年 イタリア
販売:パンド
評価:★★★★☆


<あらすじ>
1978年の夏。イタリア南部にある、 たった5軒しかない小さな村で育った少年・ミケーレは、 黄金色に輝く麦畑を自転車で駆け抜けていた。仲間達と村はずれにある廃屋に辿りつき、 探検を開始したミケーレは、 そこで奇妙な穴を発見する。中を覗き込むと少年が1人、 鎖で繋がれていた。驚きと恐怖のあまり誰にも言い出せないミケーレだったが、 少年のことが気になり、 たびたび穴を訪れるようになる。そして少年と心を通わせるようになった頃、 両親も含めた村の大人達と少年の間にある恐ろしい秘密を知り始める…。

<感想>
黄金に輝く麦畑、とても美しく吸い込まれそう!
小さな村でミケーレでスクスク育つミケーレはまさに自然児。

そんな自然児のミケーレは奇妙な穴で薄汚れた毛布にくるまった少年を発見!

何故こんなところに人間が…。
あまりの恐怖に他の人間には言えなかったミケーレ、当然のことだろう。

しかし、彼のことを気にかけて行くうち彼の間には友情が芽生えていくのだった。
なんだか、ここまではほのぼのした雰囲気。

だが、秘密がバレるとそうはいかなかった!
ミケーレは子供だった!

おもちゃが欲しさに秘密をバラしちゃったり
車の運転のため友人裏切り…

なんというか子供ならではの「行き当たりばったり」感で事態は変わり始める。
まぁ、子供ってこういうものですよねぇ。

穴に監禁された少年、村の大人達は「彼」のことを秘密にしたがり、ミケーレも彼に会うことを禁じられる。結局、大人達がなぜこんな事をしたかという根本的な理由みたいなものはわからない、ミケーレの視点で描かれているので、そんなことしったこっちゃないということなんでしょうけど少し気になる。

一見美しくのどかな村なのにまさかこんな裏があったとは…
驚きです!ミケーレのような純真無垢な子供が大人の世界での悲劇のきっかけとなる。
これがこの映画のハイライトなんでしょうかな。

あんなに美しい風景、しかしその裏には孤立、貧困があって…
ラストはなんともやり切れない。

<関連>
スポンサーサイト
恋しくて
恋しくて
DVD:恋しくて
監督:ハワード・ドイッチ
出演:エリック・ストルツ/メアリー・スチュアート・マスターソン
製作:1987年 アメリカ
販売:パラマウントホームエンタテインメント
評価:★★★★☆


<あらすじ>
男言葉を使い、いつもドラム・スティックを持ち歩いているボーイッシュな女の子ワッツ(メアリー・スチュアート・マスターソン)は、クラスの悪ガキも一目置く存在だ。彼女は幼なじみのキース(エリック・ストルツ)に片想いをしていたが、 キースはそんな彼女の気持ちには全く気づかず、ワッツに恋の相談を持ちかけるほどハイスクールのマドンナ、アマンダ(リー・トンプソン)に夢中だった。ある日、キースは思い切ってアマンダをデートに誘う。すると、ボーイフレンドとケンカしたアマンダは、その勢いからキースとのデートをOKしてしまう。有頂天のキースを見るに見かねたワッツは、自分の気持ちを捨てて彼の恋に協力する…。

<感想>
自由や葛藤なんて若者文化が謳歌された時代。青春時代一直線!

なんといってもこの映画はメアリー・スチュアート・マスタースーン魅力に尽きるでしょう。個人的には彼女の代表作はこの作品だと思っています。ワッツの切な過ぎる片思いを好演してます。

キースのまわりのヤツ(朝の授業で仲良くなったパンク野郎)が気に入ってます。ひょんなことから友情を育むようになるんですけど改めて友情に支えられることっていいなぁと感じてしまいました。

キースはちょっと浮いたヤツっていう設定なんですけど、なんだかその割には恵まれた(羨ましい)やつだなぁ。まぁキースは自分をきちんと持っているやつなんでそういう仲間が集まるんでしょうけどね。


それにしても、ワッツはアマンダにアタックするキースにさんざん警告してみたり、キスの練習台に自らなったり…キューンってきちゃいますよ。流石に気づけよキース!とか思ってしまいました。

<関連>
オズの魔法使
オズの魔法使 特別版
DVD:オズの魔法使 特別版
監督:ビクター・フレミング
出演:ジュディ・ガーランド/フランク・モーガン/レイ・ボルジャー
製作:1939年 アメリカ
販売:タイムワーナーエンタテイメントジャパン
評価:★★★★☆


<あらすじ>
虹の向こうにはすてきな場所があるに違いないと夢見る少女、ドロシー。ある日竜巻に巻き上げられて魔法の国へ迷い込んでしまったドロシーは、 故郷へ帰るために、エメラルド・シティに住むオズの魔法使いに会いに行く。勇気がほしいライオンと、知恵がほしい案山子と、やさしい心がほしいブリキ男をおともにつれて、ドロシーの不思議な冒険が始まる。

<感想>
案山子やブリキ男、ライオンが少し怖い。製作されたのが1939年というのだからしかたないんですけどね。最初は頼りなかった3人?のお供もドロシーを助けるためどんどん勇敢な奴らになっていきます。特に案山子カッコよすぎ

オズに望みをかなえられるか、魔女のほうきをとってくることが条件にされるんですけど、殺るか殺られるかの戦いを制さなくてはなりません。魔女を殺したのを大喜びしたり、「殺すつもりはなかったの」なんて台詞はメルヘンチックな作風の中でサスペンスドラマと間違えてしまいかねません(笑)。夢オチっていうのも引っかかりましたけどね。

それでも「Over the Rainbow」はやっぱり名曲!なんだかこの曲だけで全てが許せてしまう気がします。また、「やっぱりおうちが一番」というドロシーの台詞。私も全く同感です。

<関連>

アンブレイカブル

DVD:アンブレイカブル
監督:M.ナイト・シャマラン
出演:ブルース・ウィリス/サミュエル・L.ジャクソン
製作:2000年 アメリカ
販売:ブエナビスタ ホーム エンターテイメント
評価:★★★☆☆


<あらすじ>
ある日、乗客、乗員131名が死亡するという悲惨な列車追突事故が発生する。かつて有望なフットボールの選手だったデヴィッド・ダン(ブルース・ウィリス)は、その列車事故の唯一の生存者だった。しかも傷一つ負わなかったのである。“なぜ自分だけが奇跡的に助かったのか”と悩むデヴィッドのもとに、ある奇妙なメッセージが届く……。

<感想>
悲惨な列車衝突事故が起こった。乗員・乗客132人のうち、たった一人生き残る男がいたなんて、なんだか謎めいて良いなぁ。

この世は陰と陽のような対極の存在によって成り立っていて、脆い肉体を持つものもいれば不滅の肉体を持つものもいる。という考え方は好きです…が、表現があからさま過ぎるように思いました。イライジャがテロリストでヒーローを求めているっていうのはなんとなくわかりますが、デイヴィッドがホントにヒーロー(超人的な人)なのはちょっと…。もしそうだとしても、流石に気づくの遅いだろう。

ラスト付近は見所もあっておもしろいとは思うんですけどね。

<関連>
いぬのえいが
いぬのえいが プレミアム・エディション
DVD:いぬのえいが プレミアム・エディション
監督:犬童一心
出演:中村獅童/伊東美咲/宮崎あおい/小西真奈美/天海祐希
製作:2004年 日本
販売:ジェネオン エンタテインメント
評価:★★★★★


<あらすじ>
犬との生活をテーマに、心温まる11のエピソードが綴られた、感動のエンタテインメント・ドラマ。コメディから感動ドラマ、ミュージカル、 アニメーションを駆使して、犬と人間の様々な物語をリレー形式で描いていく。かわいく楽しく、時に切ない犬たちとのドラマは、愛犬家必見

<感想>
本当に心温まりました。犬を飼っている人ならば、誰もが体験するようなシーンも出てきますし、「ポチのストーリー」や「ねぇ、マリモ」など人間と犬の絆っていうか、関係を描いた話はとても感動しました。しかしながら、それだけでは涙腺が辛いのです。ところどころにミュージカルやアニメーションなどが散りばめられていて、全体のバランスとしてもとっても良かったと思います。

昨今のペットブームを意識しているのかはわかりませんけど、犬を飼うことの責任や苦労などもきちんと描かれています。犬は可愛いだけではないんですよね。それなりに手もかかるし、人間より早く年をとります。「ポチのストーリー」は飼い主に捨てられた犬の話なんですけど、こういうのは本当に辛いですね。我が家の犬も捨て犬だったのでなんだかとても切なくなりました。

「ねぇ、マリモ」はほとんど反則です。犬を飼ったことがある人ならみんな共感できますしね。そんな私も感情入りまくってしまいまして…。
我が家の犬は最後どんな気持ちだったんだろうかなぁ、ちゃんと愛してあげられただろうかなぁ、なんて思ってしまいました。愛犬家にはほんとにおススメですね。犬が嫌いな人や興味ない人にとっては「ありがちな話」とかで片付けられそうですが、そのありがちさが逆に良いのです。

<関連>
13ゴースト
13ゴースト(2001)
DVD:13ゴースト(2001)
監督:スティーブ・ベック
出演:トニー・シャローブ/エンベス・デイビッツ/マシュー・リラード
製作:2001年 アメリカ
販売:ソニーピクチャーズエンタテインメント
評価:★★★☆☆


<あらすじ>
アーサーは火事で妻を亡くし、失意の中、娘キャサリンと息子ボビー、家政婦マギーの4人で生活していた。そんなある日、叔父で大富豪のサイラスが亡くなり、その遺産が甥であるアーサーのもとへ舞い込んできた。一家は早速サイラスの屋敷へ向かった。その屋敷は異様なほど頑強に造られており、壁には奇妙な文字が書かれていた。入り口には心霊研究家を名乗るラフキンという男が待っていた。一家は恐る恐る屋敷の中へと足を踏み入れる。内部は、さらに奇妙な構造になっていた。やがて彼らは、ここに人間以外の何者かが潜んでいることを知るのだった。

<感想>
はっきり言って全然怖くありません。12人のゴースト達にはそれぞれ名前があってある意味キャラがたっています。なぜかゴーストたちは武闘派で、肉弾攻撃をどんどん繰り広げてくるのもおもしろかった。時間の関係からか1人1人について細かく描かれていないのが少し残念ですけど。

ストーリーは先の読める話ですが、セットは豪華ですし期待してなかったせいか楽しく観れました。ただ、ホラー好きの人が観たら怒るかもしれませんけど…。

<関連>
13ゴースト(1960)
フォーン・ブース
フォーン・ブース
DVD:フォーン・ブース
監督:ジョエル・シューマカー
出演:コリン・ファレル/キーファー・サザーランド/ラダ・ミッチェル
製作:2002年 アメリカ
販売:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
評価:★★★☆☆


<あらすじ>
マンハッタン、タイムズスクエア。自称一流のパブリシスト、スチュ(コリン・ファレル)は、今日もアシスタントを従え、携帯電話からクライアントや業界に口八丁でビジネスをまとめ上げている。そんな彼はアシスタントと別れた後、1台の電話ボックスに立ち寄り、結婚指輪を外してクライアントの新進女優パメラに電話を掛けた。スチュは彼女をモノにしようとしていたが、上手くいかずに受話器を置く。その刹那、今使っていた公衆電話のベルが鳴り、思わず受話器を取ってしまうスチュ。すると電話の主は、“電話を切ったら殺す”と脅迫してきたのだった…。

<感想>
良くも悪くもコリン・ファレルの一人芝居です。
舞台が電話ボックスで電話を切れない状態なので、ほとんどがボックス周辺のシーンです。一見するとすぐに飽きそうなんですけど、コリン・ファレルの迫真の演技のせいか、はたまた作品時間が短いのが功を奏しているのか全く飽きませんでした。

息をつかせぬ展開でおもしろいんですが、犯人を考えたとき納得できない部分が多々あります。どういう動機で、なぜスチュが、そしてああいう出てきかたはどうなんだ?と最後の最後で消化不良になってしまったところが残念でした。

<関連>
リアリズムの宿
DVD:リアリズムの宿
監督:山下敦弘
出演:長塚圭史/山本浩司/尾野真千子/山本剛史
製作:2003年 日本
販売:バップ
評価:★★★★☆


<あらすじ>
インディ映画の脚本家の坪井(長塚圭史)と監督の木下(山本浩司)はほとんど面識はないが、ひなびた温泉街を旅行することになった。気まずさを抱えたまま旅を続ける二人の前に、不思議な女が現れる。

<感想>
最初あんまり期待しないで観たんですけど意外におもしろかったです。
なんというかシュールで絶妙の間、大笑いするほどではないんですけど、クスッと笑ってしまう…。そういうことってあるよなぁと共感できるところも結構あります。(これがリアリズムの由来なんでしょうか)
淡々とおかしい、そんな作品です。

大体設定から変です。童貞キャラの木下、宿亭主の外国人などちょっと他の映画ではお目にかかれないような人々がでてきます。終始ゆる~い感じで流れていくのでこういった特殊なキャラも違和感無く受け入れることができるのかな。

観たあとに特別どうこうって感じではないんだけど、こういうのもいいかなって思える映画でした。

<関連>
リアリズムの宿―つげ義春「旅」作品集


カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



プロフィール

MOT

Author:MOT
FC2ブログへようこそ!



フリーエリア



Amazon.co.jp のロゴ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



バックナンバー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



広告


DVDレンタルするなら!
バナー 10000028

スカパーで映画を観る!
映画(小)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。