DVD鑑賞日記 -Droit au but-
日々観賞したDVDの感想です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネバーエンディング・ストーリー
ネバーエンディング・ストーリー
DVD:ネバーエンディング・ストーリー
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
出演:バレット・オリバー/ノア・ハザウェイ/タミー・ストロナッハ
製作:1984年 西ドイツ
販売:タイムワーナーエンタテイメントジャパン
評価:★★★★☆


<あらすじ>
少年・バスチアンがいじめっ子たちに追いかけられて逃げ込んだのは、1件の古本屋だった。埃だらけのたくさんの本の中から偶然手にした本『ネバー・エンディング・ストーリー』を読み進むうち、バスチアンは本の中の世界"ファンタージェン"に入り込んでしまった。"無"の存在によって滅亡の危機に瀕していたファンタージェンを救うため、バスチアンはファルコンと共に冒険の旅に出る…。

<感想>
ミヒャエル・エンデの名作「はてしない物語」の映画版です。

バスチアンは本を読み、ファンタージェンを救うためのアトレーユの危険な旅に、はまっていく瞬間が好きです。本を読んでいるときの陶酔感というんですかね。そういう感覚は共感できるし良いです!

「悲しみの沼」や「真実の自分が映る鏡」などの試練も物語を一層盛りたてています。沼ではアトレーユの馬が引きずり込まれてしまってホントに悲しいんです。

人間の夢・希望が作り出している異世界っていう設定も良いです。
人間どんな状況でも希望を持ち続けなくてはいけない、決して絶望してはいけないのだ!と強いメッセージがあり、元気が出ます。

リマールが歌う「ネバーエンディング・ストーリーのテーマ」も映画にマッチしていて心に残ります!羽賀健二も日本語で歌ってますけど…。ハリのある声でノビノビ”よ~せよ~、強がりは~~俺の前で”と歌い上げており、ある意味心に残るでしょうね。

<関連>
スポンサーサイト
ノッティングヒルの恋人 【★★★☆☆】
ノッティングヒルの恋人
ポニーキャニオン (2003/11/19)
売り上げランキング: 2,506
おすすめ度の平均: 4.82
5 すばらしい作品です。
5 もう何度観たことでしょう・・!
5 間違いなく...

<あらすじ>
ウィリアム・タッカーは毎日、人生に奇跡が起こる事を待ち続けている平凡な男。彼はウエストロンドンの"ノッティングヒル"で小さな旅行専門書店を経営し、店と家とを往復するだけの日々を送っている。そんな彼にある日、待ち望んでいた"奇跡"が起こる。なんと、彼の店にハリウッドの有名女優アナ・スコットが来店したのだ…。


<感想>
平凡な男が有名な女優と恋に落ちる、男側からしてみれば一度は憧れる?ラブストーリーです。設定とか展開なんかはよくあるようなパターンで見飽きた感もあるのですが、主題歌の「she」やところどころの会話の洒落た感じはこの映画の+αになっています。


個人的にはアナが帰国する前に、みんなで追っかけていくシーンが好きですね。タッカーのために何故か全員で記者会見の場へ駆けつけるのがなんだかとてもいいなぁ、と思いました。ラストはとてもドラマティック、素敵なお話です。


<関連>



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

MOT

Author:MOT
FC2ブログへようこそ!



フリーエリア



Amazon.co.jp のロゴ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



バックナンバー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



広告


DVDレンタルするなら!
バナー 10000028

スカパーで映画を観る!
映画(小)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。